化粧水の真実

化粧水=うるおいは幻想!?ガッカリしない化粧水選びはここをチェック!

化粧水の真実とは?

普段、あまりきちんとケアをしないズボラさんでさえ持っているのが化粧水。

 

しっとりお肌を保つためには絶対外せない必須アイテムだという考えは、女性たちの間でとても深く根付いていますね。

 

洗い上がりの肌にばしゃばしゃと化粧水を使うのはとても心地がよく、もうそれだけで「うるおった感」になれますが、化粧水の保湿効果をについて大きな勘違いをしている人も多いんです。

 

化粧水になにを期待してチョイスすべきか、改めて考えてみましょう。

 

化粧水にうるおいを求めてはダメ!?

 

とっても潤ってる?

花に水をやるように、かわいたお肌をよみがえらせたくて化粧水をびしゃびしゃ使うことってありますよね。

 

カサカサのお肌にじんわりと水分がしみこんで、しっとりふっくらのうるおいお肌へ……なんて期待しながら使うわけですが、実を言うと化粧水の保湿効果って、そんなに期待できるものではないんです。

 

確かに使った直後はうるおいますし、角質層の途中までは浸透するのですが、化粧水の水分がそのままお肌の水分になるかというと、そうではありません。

 

お肌のうるおいは角質層にあるセラミドや、真皮のヒアルロン酸、コラーゲンの力によるもの。外の水分を受け入れるのではなく、内からわきあがってくるんです。

 

ばしゃばしゃ使った化粧水はどこへ行くかというと……角質層の途中まで入ったあと、蒸発してきえてしまうんです。

 

しかも、蒸発する際にまわりの水分も一緒に奪って逆にカサつくことも。

 

うるおいが欲しくて熱心に化粧水を使っていた人には、ちょっとショックな話かもしれませんね。

 

よりよい化粧水選びはここをチェック!

 

化粧水選びのポイント

「水分補給が期待できないなら化粧水つける意味なんてないじゃない!」と思った人はちょっと待ってください。

 

化粧水の水分をそのままお肌にとりこむことはできませんが、アンチエイジング効果が高い「ビタミンC誘導体」といった、化粧水に入れると安定性がよい有効成分が、あなたを素肌美人にするお手伝いをしてくれます。

 

そう、化粧水を選ぶときに最も気にするべきところは、含まれている有効成分。

 

美白や保湿、アンチエイジングなど目的にあわせた有効成分をしっかりチェックしておきましょう!

 

◎ビタミンC誘導体

高い抗酸化作用があるものの、そのままではとりこみにくいビタミンCを浸透しやすくした成分です。

 

水溶性、油溶性、その両方の特性をもつ進化型のものがあり、色素沈着を防いだり、過剰な皮脂の分泌をおさえるなど、嬉しいはたらきをしてくれます。

 

代表的な表示成分として、リン酸アスコルビン酸Na(APS)、リン酸アスコルビン酸Mg(APM)などがありますが、とくにおさえておきたいのは、通常のビタミンCのなんと100倍も浸透力のある『リン酸パルチミン酸アスコルビル3Na(APPSまたはアプレシエ)』ですね。

 

 

◎美白成分

すでにできてしまったものを除去するのではなく、これからできるシミやそばかすを防いでくれる美白成分です。

 

メラニン色素の生成に深く関わっているチロシナーゼ酵素のはたらきをジャマして、メラニン色素がつくられるのを抑制する効果があります。

 

「トラネキサム酸」「カモミラET」「エラグ酸」「ルシノール」などがあげられるほか、ビタミンC誘導体にも美白効果があります。

 

 

◎保湿成分

化粧水の水分をイコールお肌の水分にはできませんが、お肌そのものにはたらきかけて保湿力を高める成分なら効果を期待できます。

 

もともと角質層に存在する「セラミド」をはじめ、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「天然保湿因子(NMF)」など、もともとお肌自身にある成分であることが多いです。

 

スキンケアアイテムの選び方へトップページへ美容液の選び方へ