正しい洗顔の方法

「肌をいたわる洗顔法」はキケン?キレイ肌を目指す人が実践したい正しい洗顔

まさか間違っていたとは!?

クレンジングは「メイク汚れはカンペキにおとすべき」と、不必要にこすったり長時間かけるのに、洗顔するときは「皮脂をとりすぎるのは乾燥のもと」だと、洗顔料を使わない流すだけの洗顔をしたり、しっとりタイプの洗顔料を使っていることってありませんか?

 

こういうイメージ先行型の「お肌への思いやり」は、あなたのお肌をかえって追い詰めることになりかねません。

 

思いこみにとらわれない正しい洗顔法をマスターして、トラブルからあなたのお肌を守ってあげましょう。

 

「お肌をいたわる洗顔」の真実って?

真実はどこに?

皮脂のとりすぎは乾燥のもとでありお肌によくない」というのはどこまでホントなのでしょうか。

 

一日のメイクをオフした夜はともかく、すっぴんのまま迎えた朝はお肌をいたわって洗顔料は使わないほうが良い、保湿のためにしっとり系の洗顔料を使うべき、なんて考えがすっかり浸透していますが、これは大きな間違いです。

 

確かに、皮脂が不足するとお肌は乾燥しがちになりますが、皮脂というのは私たちのお肌からたえず分泌されているもの。

 

逆にきちんと皮脂を落とさなければ、毛穴につまってニキビの原因になったり、残った古い皮脂が酸化してお肌を老化させてしまったり、お肌にとって悪いことばかり。

 

眠っている間にもたくさんの汗をかくうえ、皮脂の分泌も続いているため、朝の洗顔ではそれらをしっかり洗い流す必要があるんです。

 

お肌に油分が残っていると化粧水なども浸透しにくく、せっかくのケアが効果半減なんてことにも。

 

しっかりと汚れをおとして、たりない分はそれからフォローするのがベストです。

あなたのお肌を美しくする洗顔のキホン

 

正しい洗顔方法

洗顔はこすって汚れを落とすのではなく、泡で汚れを包み込んで落とすのがポイント。

 

毛穴のすみずみまで洗いたいからとごしごし肌をこすりすぎると傷つけてしまいますし、時間をかけて洗顔料を長くお肌にのせすぎるとダメージにつながります。

 

なおかつ、しっかり汚れを落とすことも大切で、少しつっぱり感をおぼえるくらいのキュッとした洗いあがりがベスト。

 

難しいようですがキホンをしっかりおさえておけばマスターできます。

 

季節や汚れの状態に応じて洗顔料を使い分けするのもアリですが、汚れが多いときは低ダメージ高洗浄の石けんをチョイスするといいでしょう。

1、洗顔料をよく泡立てる

 

清潔な泡をつくるためにも、洗顔の前にはよく手を洗っておきましょう。

 

あらかじめぬるま湯で顔をかるくぬらし、手のひらに洗顔料や石けんをとってしっかり泡立てます。

 

泡立てが特に苦手だという人以外、ネットを使う必要はありません。

 

 

2、皮脂が多いところから洗う

 

洗顔料が触れている時間を逆算すると、皮脂が多くて皮膚が丈夫な場所を先に、皮膚が弱い場所をあとに洗うのがベスト。

 

Tゾーン、Uゾーン、目もと口もとの順番で洗いましょう。

 

(1)額……まずはここに泡をのせます。皮脂の量が多いため生え際までしっかり洗います。
(2)鼻……額から泡をなじませながら鼻へのばします。
(3)頬からあご……鼻のあとはUゾーンへ。面積が広いぶん、ついこすってしまいがちなので注意。
(4)目もと・口もと……皮膚が薄くデリケートなためこすりすぎ厳禁。やさしく泡でつつみこんで洗います。

 

 

 

3、ぬるま湯でしっかり流す

 

しっかり洗ったあとは人肌くらいのぬるま湯でていねいに泡を洗い流します。

 

とくに生え際やもみあげのあたりは残りやすいので鏡でチェックしながらきちんと流しましょう。

 

熱すぎるお湯はデリケートになっている洗顔中のお肌には刺激が強すぎ、肌をいためる原因になるため要注意。

 

 

 

4、洗い上がりをチェック!

 

きちんと汚れが落ちているかは、ただ鏡をみるだけではなく指先でふれてチェックします。

 

皮脂や汚れの洗い残しを感じたら、その部分だけもう一度洗います。

洗顔はしっかりていねいにやるのがポイント。
クレンジングで洗い残したメイクはここで落とします。

 

あまりだらだら時間をかけすぎるのもよくないため、てきぱきとやりましょう。

 

 

洗顔料選びのポイントへトップページへスキンケアアイテムの選び方へ