化粧水美容液の正しいつけ方

余計なことはしない・使わない!美肌をつくる化粧水&美容液のつけ方

 

クレンジングと洗顔でキレイに汚れを落としたあとは、化粧水と美容液でしっかりフォローするのがポイント。

 

この「つけ方」にもよりお肌をいたわる正しい方法があるってご存知でしょうか?

 

そんな細かいことまで……と思う人はいるかもしれませんが、

 

 

当たり前のようにやっていることが実はお肌に悪影響を与えているかもしれません。

 

 

コットンはほんとうにお肌にやさしいの?

 

化粧水をつけるときに、コットンを使っている人はたくさんいると思いますが、これはあまりよくありません。

 

 

 

最近では「お肌にやさしい」と称した肌ざわりのよいコットンがたくさん出回っていますが、コットンの繊維質はどうしてもお肌にとって刺激となり、小さいキズをつくってしまいます。

 

ならば、最も適したアイテムはなにかというと……きちんと洗って清潔にした、私たち自身の手のひらなんです。

 

自分自身の皮膚ならば、こすりすぎにさえ気をつければ超低刺激な上、化粧水が手の上で人肌にあたたまってなじみやすくなります。

 

私たちの手は万能です!もっと積極的にスキンケアに使っていきましょう。

 

 

化粧水ばしゃばしゃはもったいない!?

 

化粧水はたっぷりと使ったほうがお肌の保湿につながると勘違いしている人はとても多いのですが、それはちょっともったいない使い方です。

 

 

 

化粧水に含まれる有効成分なら保湿のために力を貸してくれますが、化粧水の水分そのものは吸収されてお肌の水分になるわけではなく、時間がたったら蒸発してしまう、いわば一時しのぎ。

 

化粧水は顔全体がうるおう程度につければ十分で、むしろたっぷりと使うべきは美容液のほうなんです。

 

「美容液は高いから……」とケチケチちょっぴり使っている人は、自分への投資だと思ってここはぜいたくにいきましょう。

 

最低でも10円玉大ほど、お肌のカサつきが気になる時はその二倍、三倍を使います。

 

ただし、皮脂の量が多めでテカりやすい人は、朝の美容液は少なめでかまいません。自分に合った量をその時に応じて調整しましょう。

 

 

化粧水&美容液は「余計なことはしない」のが鉄則

 

化粧水や美容液をつけるとき、お肌にたたきこむ「パッティング」をする人がいますね。

 

でもこれ、お肌を傷つけてシミや赤ら顔の原因になりかねず、決していいことではありません。

 

洗顔後のお肌はとくにデリケートな状態なので、そこによけいな刺激を加えるのは厳禁だと思っておきましょう。

 

もちろん強くこすったりすりこむのもNGで、丹念に時間をかけるよりも手早くパパッとやってしまうほうがお肌に負担をかけません。

 

 

 

1、化粧水のつけ方

 

まず化粧水を清潔な手のひらに広げて、最初に頬からあごにかけてのUゾーンを包み込むようになじませます。

 

中指と薬指で、デリケートな目もと口もとをそっと押さえ、残りを皮脂がもっとも多いTゾーンにつけます。

 

 

2、美容液のつけ方

 

化粧水で肌をやわらかくしたあとにつけます。
たっぷりめに手のひらに広げ、両がわの頬からやさしくプレスしてなじませていきます。

 

薬指に少し美容液を足したら、今度は中指と薬指で目もと口もとのケアをします。そっと円をえがくような感じで軽くマッサージしながらなじませたあと、残った美容液はTゾーンへ。

 

マッサージといっても強くおさえたりするのは厳禁で、ほんの少し触れた指先をすべらせるような感じです。

 

美容液の選び方へトップページへ